江東区亀戸の税理士|ひろしま会計グループ

0120-58-2571営業時間:9:00~18:00(土日祝除く)

ひろしま会計グループ

「将軍の日」とは

時は戦国時代。
多くの兵士たちが戦地で激しい戦を繰り広げる中、将軍はどうしていたのかというと・・・?
ただ旗を振って応援していた訳ではではありません。
将軍は、戦場から離れた所でこの先の戦術を画策していました。
次にどう攻めるか?勝利へと導く手段は?万が一の惨敗後のフォローは?
色んな場合を想定し、常に前を向いて自分たちに有利な次なる戦闘への準備をしていたのです。

このような、将軍が戦略を練る期間を、経営計画で言うところの中期五ヶ年計画策定に置き換え、「将軍の日」と呼んでいます。

将軍の日は、社長が現場の繁多から一時的に離れ、敢えて何もない空間に身を置くことで会社の将来を冷静に見据えることができるのです。

私たちは社長の参謀・ブレインとなりたい

将来AI(人工知能)は、現在人間が行っている仕事の大部分を代行すると言われています。
例えば私たち会計事務所が提供しているサービス、例えば記帳や入力代行なども一例です。こうしたものは、いずれ人間の手を使わなくても一瞬で処理できてしまう世の中になるでしょう。

では、人間にしかできないこととは何でしょうか?
AIが手足だとしたら、人間はブレイン(頭脳)です。
私たちは社長の参謀、ブレインとして経営のお手伝いが出来るようになりたいと、
また、そのような仕事こそAIには出来ない人間にしかできない仕事であると考えています。

将軍の日は、5年先の会社の姿を想像し、そこに至るまでの計画を練っていきます。
過去の失敗から学ぶことで未来に活かすことができるように、失敗と成功を繰り返すことで、それはやがて成功という一色に染まっていきます。
これらの過程の中、その都度の意思決定が、社長の自信に繋がるのです。

将軍の日に行うこと

1.悩みを洗い出す

・経営の見直しや展望を図りたい
・自分の会社の分析をしたい
・試算表や決算書の見方がよく分からない
・経営理念を定めたい

などなど、会社が抱えている現状の問題を洗い出します。

2.経営シミュレーションシステムを利用

当事務所で用いる経営シミュレーションシステムは、経営支援を職業とする専門家が使用するソフトです。まずはこれで経営計画書を作成します。そして、シミュレーションを重ねることで、未来志向型で尚且つ現実も見据えた経営計画を着実に作り上げて行きます。

3.とことん考える

作成した経営計画書を元に経営課題を抽出し、もっとここをこうした方がよいのでは?など、課題を精査していきます。更に複数パターンの経営計画書を作成することで、より自分の目標に合ったものを策定していきます。
そして何より大切なのは、会社の未来をとことん考え抜くことです。そうしているうちに不安が解消され、今何をするのがベストなのか?ということが自ずと見えてきます。

当日のタイムスケジュール

10:00 オープニング ~経営計画の目的~
10:40 1) 自社分析(販売力・体力分析)
11:40 2) 経営理念
12:10 3) 中期経営目標の作成
12:40 昼食
13:30 4) 売上計画
14:30 5) 経費計画
15:10 6) 設備投資計画
16:00 7) 計画書の確認と修正(改善計画作成)
17:10 8) 当期目標設定
17:40 経営サイクル確立の為に…
18:00 計画書の確認
18:20 クロージング ~質疑応答・意見交換~

参加費用

50,000円/一人 (お食事代は含まれておりません)

計画や戦略はただ立てるだけでは意味がありません。「将軍の日」では、計画や戦略の立案と同様に、自社の力で変革を実行するモチベーションを重要視しています。なぜなら、どんなに優れた計画も、それを実現する地盤が無ければ無駄になってしまうからです。あならも「将軍の日」に参加して変革への着実な第一歩を踏み出してみませんか。

初回相談無料 メールでのご相談お申込みはこちら

無料相談受付中